海外で医療を受けたとき

イラスト 被保険者(本人)や被扶養者(家族)が海外に在住中、または旅行中に受診した場合の費用は、海外療養費(立替払い)として後日払い戻しを受けることができます。申請には、医療機関の診療内容明細書、領収明細書、邦訳文、領収書、渡航事実が確認出来る書類などが必要となります。申請書類の不備や記入漏れがある場合、支給審査が行えず海外療養費の支払いができませんのでご注意ください。
 帰国後に現地の医師へ証明を依頼する事が困難なことが多いため、事前に申請書を印刷しておき、渡航先に持参しておくと良いでしょう。
 治療内容や医療費は国によって異なります。給付される金額は、海外の医療機関の証明に基づき、日本国内の医療費の基準に沿って算定されますので、現地の医療機関で支払った額の7割(8割)が戻るわけではなく、1割程度か、またはそれ以下になる場合もあります。

申請書類はこちら

<海外赴任や海外出張の方>

海外療養費支給申請書(医科)一式

書式PDF 記入見本

海外療養費支給申請書(歯科)一式

書式PDF

<旅行など業務外の方>

海外療養費支給申請書(医科)一式

書式PDF 記入見本

海外療養費支給申請書(歯科)一式 

書式PDF

書類提出上の注意
A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。
プリントアウト後、必ず自筆署名の上提出してください。

Adobe(R) Reader Rogo

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。
お持ちでない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。

関連のページへ

立て替え払いをしたとき

関連のQ&Aはこちら
このページの一番上へ
Copyright(C)帝人グループ健康保険組合 All Rights Reserved.