健保組合の通常業務で想定される主な利用目的

1.被保険者等に対する保険給付に必要な利用目的

<健保組合等の内部での利用に係る事例>
○保険給付及び付加給付の実施
<他の事業者等への情報提供を伴う事例>
○各種給付金を事業主経由で支給
○海外療養費に係る翻訳のための外部委託

2.保険料の徴収等に必要な利用目的

<健保組合等の内部での利用に係る事例>
○被保険者資格の確認
○健康保険料の算定・徴収
○被扶養者の認定
○健康保険被保険者証の発行
<他の事業者等への情報提供を伴う事例>
○保険料徴収データの事業主への連絡
○健康保険被保険者証の一斉更新発行仕分処理
○高齢受給者証の発行
○被扶養者資格審査実施の為の調査票作成

3.保健事業に必要な利用目的

<健保組合等の内部での利用に係る事例>
○健康の保持・増進のための事業の計画
<他の事業者等への情報提供を伴う事例>
○保健指導、健康相談、疾病予防にかかる事業主との共同事業
○健康の保持・増進事業の外部委託
○医療機関への健診の委託
○医療費通知作成に係るデータ処理及び印刷等

4.診療報酬の審査・支払に必要な利用目的

<健保組合等の内部での利用に係る事例>
○診療報酬明細書等の内容点検・審査
<他の事業者等への情報提供を伴う事例>
○診療報酬明細書等の内容点検・審査の委託
○診療報酬明細書等の電算処理のためのパンチ入力、画像取込み処理の委託

5.健保組合の運営の安定化に必要な利用目的

<健保組合等の内部での利用に係る事例>
○医療費分析・疾病分析
<他の事業者等への情報提供を伴う事例>
○健保業務全般に係るシステムサポートの委託

6.その他

<健保組合等の内部での利用に係る事例>
○健保組合の管理運営業務のうち、業務の維持・改善のための基礎
<他の事業者等への情報提供を伴う事例>
○第三者求償事務に係る、保険会社・医療機関等への紹介又は求償等
○他の法令・医療助成等との給付調整のための各関係先への照会・確認
○健保連の高額医療給付等の共同事業

このページの一番上へ
Copyright(C)帝人グループ健康保険組合 All Rights Reserved.